ニキビの赤みを治すには、抗炎症成分が配合された化粧水や化粧品を選びましょう。ニキビにはフェーズがあり、ニキビを予防するには洗顔で毛穴の詰まりや角質ケアが大切ですが、出来てしまったニキビを無理に洗うのは刺激を与えて悪化にもつながります。今あるニキビはどうしようもないので、早くニキビが治るように抗炎症成分で地道なニキビケアが大切です。また、ニキビの炎症が引いても残っているニキビ跡の赤みには抗炎症成分ではなくビタミンC誘導体を使用しましょう。ビタミンC誘導体は赤みや色素沈着にも有効で、ニキビケア化粧品には欠かせない存在です。美白成分でもあるビタミンC誘導体は、ニキビ肌に多い肌のくすみや黒ずみにもオススメです。"1個できるとストレスの原因となるニキビは、顔や背中など様々な箇所にできます。できる箇所によって原因が異なる場合も多く、しっかりとした対応をしないとニキビ跡になることもあります。ニキビの悩みとして多い箇所に、頬のニキビがあります。頬のニキビは思春期以外でも、成人してからできることもあります。ストレスなどが原因の場合も多いですが、食生活などもしっかりと見直すことで改善される場合があります。頬のニキビで注意することとしては、糖質をなるべく摂らないようにすることです。お菓子などの糖分は、ニキビの原因となる脂質に繋がるので極力避けた方がよい食材です。特にストレスなどから甘いものを食べる成人も多く、これが原因で頬のニキビができていることが多いです。糖質でも特に洋菓子などに含まれるクリームやバターはニキビに悪影響なので、甘いものが欲しい場合はフルーツや和菓子の方がニキビができにくくなります。ケーキやチョコレートなどの食べ物は、ニキビができる原因になるのでできるだけ食べない方が良いです。糖質が原因でニキビができる人は、糖分を含んだ食べ物をカットすることで劇的に改善する可能性があります。もちろん睡眠なども重要なので、規則正しい食生活を心がける必要もあります。